ムダなものは一切買わない

わたしの節約方法はムダだと判断したら絶対に買わないこと。食べ物はもちろんだけど着るものもムダだと判断すれば靴下さえ買いません。わたしが子供の頃は靴下に穴が開いてから新しい物を買ってました。いまどき穴が開いた靴下をはいている人はいないけど、むかしは親指が靴下から出ても平気な人が多かったんですよ。足の裏も擦れるから穴が開きやすくてわたしの靴下も足の裏によく穴が開いていました。生地が薄くなってぺらっぺらになったら替え時でした。
子供の頃わたしは貧乏を経験しました。その経験はわたしにとって宝と同じくらいの素晴らしい経験。貧乏を体験したから節約できるし、節約生活を情けないとも思わず楽しく暮らせるのです。例えばタオル類もすり切れるまで使います。バスタオルも何度も何度も洗っていると生地が薄くなってくるんですね。それくらいになると生地が硬くなって肌触りが悪くなりますが、それでも使っていよいよ使えなくなったらぞうきんとして使って処分します。モノを最後まで有効活用できるととても気持ちが良いです。
食品もムダなものは一切買いません。毎日のように外出するから多めに買うこともしません。その日食べるものがあればいいんです。
お金借りる女性