WS000091.jpg

二つ持ちたいです57

人生を豊かに暮らすのであれば、底辺の人間のいうことでもないのですが、家を二つ持つことではないでしょうか。別荘ということではなく、なぜならb、別荘だと、遠いし、管理も、自分がいけないときには、よそ様に頼まないといけないからです。庶民には手が届かないでしょう。
それよりも、まだまだ、東京と近郊都市との格差は激しいので、地下に限っても相当安く手に入るところが多いので、その近郊の駅前に、大きな住宅を建て、お子さんが学童期になるまでは、そちらを使い、学校に行くようになったら、都会の環境を選ぶ場合は、都会の狭いマンションというように、二つの家を使い分けるという生活がいいのではないかと思うのです。
何よりも、都会にはスペースが限られているので、狭くても仕方がないのです。二つ持っていると、相当に便利だと思います。別荘的感覚も持てるし、すぐに都会の家に帰れるのです。
犬神家の一族の映画を見て、その舞台が、那須だということを知り、汽車は上の行きだということを、あらためて認識しました。つまりは、通勤している人もいるでしょうねということです。昭和だと、結構な上京というイメージも、今では、お隣のような感覚にすらなるのです。
30日間無利息のキャッシングで一番お得なカードローンはこちらです